キャストになる

キャストとは

何か特別な経験を持っていたとしても、持っていなかったとしても、
何か誇れる経験を持っていたとしても、持っていなかったとしても、
高校生に関わり、ともに考え、学び、対話しながら「自分」と「未来」について対話する存在です。

【キャストの役割】

大きく「安心安全の確保」・「楽しい1日を約束」・「学びを最大に」の3つに分けることができます。

①安心安全の確保

出発から帰着時まで同行し、安全を確保します。危険な場所は注意喚起を行います。見ず知らず人との不要な接触を避ける一方、必要なコミュニケーションは積極的にとります。

②楽しい1日を約束

キャストは生徒の一人ひとりの良いところを引き出す「歩くカウンセラー」。事前に頂いたアンケートシートを元に積極的に声かけを行います。

③学びを最大に

少し年上という程度の距離感の大学生がロールモデルとなり、進路選択や将来のキャリア設計に良い影響、刺激を与えます。また大学生ならではの視点で、企業や観光地を見ることで普段の学校生活では気づかなかった新たな価値観や考え方を発見できます。

【これまでのキャストの声

東方嘉弘(2018ー2019年学生代表)

早稲田大学在学中、NPO法人SETに出会い陸前高田を拠点に2年間活動。その後東京学生エスコートの立ち上げに参画。学生代表として2年間、活動の最前線を走る。2020年現在、フリーランスとして教育業で事業を立ち上げ運営に取り組む。

コメント:目の前のみんな一人ひとりとの時間を大切にして、エスコートの1日を「人生で一番楽しい日」と思ってほしい。そう心から思って、当日までしっかり準備をしています!一緒に最高の思い出を作って楽しみましょう!!!

 

佐伯実紀(2019年第2期チームリーダー)


持ち前の明るさと好奇心を武器に、大学内外でイベントを主催するなど精力的に活動する。2019年学生チームリーダーとして1年間に運営に参加。2020年現在、大学を卒業し単身渡タイし、現地の日本人学校にて教鞭を執る。

 

コメント:東京学生エスコート は、一回一回のご縁をとても大切にしています。素敵な修学旅行を作るお手伝い、是非楽しみにしてください!

説明会について

日程  毎月1回程度
場所 オンライン
時間 2時間程度
内容 ・「東京学生エスコートのプログラム」について

・運営団体紹介

定員 毎回10名
参加費 学生:無料

 

開催予定の説明会の情報はインスタグラム・ツイッターにて!
©  東京学生エスコート All Rights Reserved.
PAGE TOP