東京学生エスコートとは

大学生が大学キャンパス都内スポット企業
一緒に歩いて充実した一日にする新しい班別行動のかたち

 

大学生と対話をしながら楽しく歩く東京

このプログラムは、大学生のエスコートが、自らの通う大学キャンパスや都内の企業、スポットを中学生・高校生と一緒に巡るプログラムです。東京だからこその空間や施設を大学生と「対話」をすることで、修学旅行の学びを最大化することを目的としています。

 

東京で見つける自分の将来の方向

受験勉強はどうやって乗り越えたんですか?」「どうしてこの大学に決めたんですか?」「就職活動って大変ですか?」「東京での暮らしって大変ですか?」そんな会話が飛び交いながら都内を巡ります。ちょっと年上の「ロールモデル」との対話は、生徒一人ひとりの内面に変化を引き起こします。

※注 「エスコート学生」の中には大学生の他、大学院生、および一部、東京学生エスコートのOBOG(卒業後3年目までの社会人)を含みます。

特徴1 安心安全を確保!

東京は世界の大都市で最も安全ですが、偶発的な災害、交通事故も含め、トラブル・事件など想定外のトラブルへの安心安全を。本プログラムでは・・・

  • 出発地から帰着地まで、生徒さんと同行することで安心安全を確保します。
  • 危険な場所などでは注意喚起を行います。
  • 見ず知らずの人との不要な接触を避ける一方、必要なコミュニケーションは積極的に取ります。

特徴2 教育効果を高めます!

修学旅行で東京へ行く目的は何ですか?

-高い教育効果を保証する2つのプラン- ※各プランの詳細はコチラ

①コンシェルジュプラン

生徒さんが作成した計画に対して、大学生が自ら調べた「歩くべき路地」「食べてほしいもの」「へえ~!と言ってほしい歴史」を組込んだり、大学見学を組入れるなどコンシェルジュ機能を持たせたものです。最初の取り掛かりとして、事前に大学生とプロの観光プロデューサーが考えた、満足度の高い「鉄板プログラム」の約50コースの中から選択し、部分的にアレンジをしていただくことが可能です。

②キャリアデザインプラン

中高生のキャリア学習の効果を高める目的にフィットした弊社提携の企業、団体をご紹介すると同時に、企業訪問をより有意義にするための学習カリキュラム(修学旅行前に講師を学校に派遣)もご提供します。訪問当日は、エスコートが「引率者」として同行することで、受入れ先とのコミュニケーションを円滑にし、充実した訪問を実現します。

特徴3 楽しい一日をお約束!

主役は生徒、生徒さん一人一人に目を配ります。(体調、アレルギー、心の内面、友達関係)

エスコートはあくまでも脇役に徹し、楽しさをベースにしながら、「学習」「成長」につながるように、都内班別行動をサポートします。

①寄り添い

学生は一人一人の生徒さんのいいところを見つけ、引き出す歩くカウンセラー。一人一人に声掛けを行います。元気のない子には気を使い、寄り添います。皆で将来の夢を一緒に話し合い、希望と勇気を持たせます。

②場所へのこだわり

東京だからこそ見てほしいコンテンツを盛り込みます。大学、企業、施設・・・ 生徒さんの興味のあるものをできる限り手配し、東京だからこそについて語り、一緒に考えます。見学場所ではエンターテインメント性を発揮しながら知的欲求に働きかけます。

③楽しむ学習効果

NHKの「ブラタモリ」のように行った先々で楽しめる案内を学生が工夫しています。見学スポットを深堀りする、入試問題に関連する史跡を見る、産業の仕組を学ぶなど学習効果が上がるよう、その場で楽しみながら学ぶことを取り入れます。